1. モロッコ王国大使館 HOME
  2. News
  3. 2017 news

モロッコ投資セミナーを開催します

2017.6.27

カサブランカ・ファイナンス・シティのイブラヒミ総裁、モロッコ投資促進庁のカラム顧問が来日し、下記にてビジネスセミナーを開催します。 日本から進出している企業の方々にもご登壇いただき、モロッコの投資環境の最新情報をご紹介します。

日時:2017年7月21日(金)13時半-17時
場所:世界銀行 東京開発ラーニングセンター
(東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10F)
*同時通訳あり

【モロッコ投資セミナープログラム】

<第一部: 全体概観>
総合司会: 宮崎 汎 日本モロッコ協会理事長
13:30〜13:35  開会の辞   日本モロッコ協会 広瀬晴子 会長
13:35〜13:40  来賓挨拶   経済産業省 中川勉 通商政策審議官
13:40〜13:45  主催者挨拶  駐日モロッコ王国大使館 ラシャッド・ブフラル駐日大使
13:45〜13:50  後援者挨拶  世界銀行グループ 国際金融公社(IFC)チーフ・インベストメント・オフィサー 陳野浩司

<第二部: 具体的先行事例紹介>
13:50〜14:20  基調講演 モロッコ投資促進庁 ハリッド・カラム シニアアドバイザー 
             (Mr. Khalid Qalam自動車産業担当上級顧問。経営会議メンバー)
          「自動車産業にとってのモロッコの製造・発展基盤としての競争力の高さ」
14:20〜14:35  事例紹介(1) 住友電気工業㈱ 緒方佳幸執行役員 自動車事業部副本部長
          「モロッコに於ける住友電工の事業展開」
             (ワイヤーハーネス事業の特徴とモロッコの魅力について)
14:35〜14:50  事例紹介(2) ㈱エイチ・アイ・エス 中澤 淳 チームリーダー
             (海外営業本部新規事業開発チーム、元カサブランカ事務所長)
          「北西アフリカのハブとしてのモロッコの地理的優位性」
            (アフリカ航空路の結節点たるカサブランカ空港の重要性について)
14:50〜15:05  事例紹介(3) 三井物産㈱ 米谷佳夫執行役員 プロジェクト本部長
          「モロッコに於ける三井物産の事業活動」
             (インフラ分野への貢献を中心に、三井物産が目指すものについて)

============================ <休憩 20分間> ============================

<第三部: 今後に向けて>
15:25〜15:55  基調講演 Casablanca Finance City (CFC) サイド・イブラヒミ 総裁
              (Mr. Said Ibrahimi, CEO)
          「CFCが有するアフリカ市場向けゲートウェイ機能の諸特典」
             (アフリカ大陸の大きなビジネスチャンス、モロッコ並びにカサブランカのハブ機能、
             CFCのユニークな有用性、及び日本企業への提言について)
15:55〜16:05  将来展望(1) 丸紅㈱ 河村 肇常務執行役員 プラント本部長
          「丸紅のCFCへの期待」
             (丸紅は、CFC加入によってアフリカに於けるモロッコ企業との協業を期待)
16:05〜16:20  将来展望(2) Baker & McKenzie伊藤(荒井)三奈 弁護士
          「モロッコの法的枠組みと今後に向けての取り組み」
             (アフリカ進出というと「リスク」の文字が頭をよぎるのではないか?
              アフリカ投資に伴う主なリスクを概観すると共に、モロッコの法的枠組みや
              昨今の改革による同国の今後に向けての取り組みについても触れる。)

<第四部:まとめ>
16:20〜16:35  総括報告:JETRO Rabat 水野大輔所長
          「モロッコの現況と展望、日本企業の動き」
             (モロッコのビジネス環境とアフリカ市場における位置付けを解説し、
              現地日本企業の動きについても概観する。)
16:35〜16:55  Q&A セッション   司会:水野所長
16:55〜17:00  閉会の辞      一般社団法人日本モロッコ協会 黒川恒男副会長


参加お申込みは日本モロッコ協会のウェブサイトをご参照ください⇒日本モロッコ協会

ページの先頭へ戻る

News