1. モロッコ王国大使館 HOME
  2. モロッコ王国について
  3. モロッコと日本

モロッコと日本

モロッコと日本の関係

日本は1938年に初めてカサブランカに領事館を開設しました。1956年にモロッコが独立した後、モロッコと日本の新たな関係が築かれ外交関係が設立されました。1961年ラバトに日本大使館が新設され、1965年には東京にモロッコ王国大使館が開設されました。 両国の経済関係に関しては、1956年にモロッコが独立する数年前から、先見の明のある日本の方々がモロッコとのビジネスを始めました。それ以来、両国は温かい関係を続けております。当初は貿易量、製品もごく限られたものでしたが、実に良好なスタートでありました。二カ国の貿易量は両国の政府の保護の下に継続して増加しています。貿易関係は主に海産物から始まり、現在ではあらゆる分野へと広がっており、経済、貿易、科学、技術、文化、教育等の分野での相互関係において、実り多い結果を得ております。モロッコと日本の関係は各国の模範となるような良好なものであります。日本は、地方の灌漑、電化、厚生、職業訓練などの重要分野へODAプログラムの援助等を通じて、社会、経済環境の発展、改善を支援し、相互貿易と投資分野に参加しております。

モロッコ王室と日本皇室

モロッコ王室と日本皇室
  • 1987年3月 モハメッド皇太子殿下来日
  • 1988年2月 昭和天皇の大喪礼に際し父王の代理としてモハメッド皇太子殿下が出席
  • 1990年11月 ムーレイ・ラシッド王子がモロッコを代表して、明仁天皇の即位の礼に出席
  • 1991年9月 徳仁皇太子殿下がモロッコを訪問
  • 1996年7月 高円宮御夫妻がモロッコを訪問
  • 1999年7月 高円宮がモロッコを訪問
  • 2000年6月 高円宮御夫妻がモロッコを訪問
  • 2003年3月 ムーレイ・ラシッド王子が京都において開催された水資源会議 開会式及びハッサン2世国王大賞の授与式に出席
  • 2005年3月 ララ・アミナ王女 長野スペシャル・オリンピック出席
  • 2005年6月 ララ・サルマ王妃 愛・地球博に賓客として来日(アシャアリ文化大臣同行)
  • 2005年11月 モハメッド六世国王が国賓として来日(ベナイッサ外務・協力大臣同行)
  • 2014年11月 ララ・ハスナ王女 ESDユネスコ会議出席のため来日(ラシッド・ベンモクタール・ベンアブデラ教育大臣同行)

相互条約

相互条約
  • 1960年: 通商条約
  • 1985年: 漁業協定
  • 2001年: JETROとの覚書協定
  • 2002年: 情報技術に関しての覚書協定

モロッコの要人・使節団の日本訪問

  • 1987年3月 アフメッド・オスマン参議院議長
  • 1987年12月 ムッサ・サーデイ観光大臣
  • 1991年6月 アブデラテイフ・フィラリ外務協力大臣
  • 1993年10月 ラシッド・エル・ガズアニ運輸大臣
  • 1994年3月 ムハメッド・サグー財政・海外投資大臣
  • 1994年5月 ムハメッド・サグー財政・海外投資大臣
  • 1995年12月 エル・ムスタファ・サヘル漁業大臣
  • 1995年12月 タイブ・ファッシ・フィフリ外務担当長官
  • 1997年10月 アブデラザク・エル・モサデク産業・商業・手工業担当長官
  • 1998年6月 ブアモール・タグアン設備大臣
  • 1998年9月 ドウハミ・カヤリ漁業大臣
  • 1999年2月 アブデルワヘッド・ラデイ参議院議長
  • 2000年2月 ジャラル・エッサイド衆議院議長
  • 2001年9月 サイド・シュバートウ漁業大臣
  • 2001年12月 タイブ・ファッシ・フィフリ外務担当長官
  • 2001年12月 ネズハ・シェクロウニ大臣
  • 2002年1月 モハメッド・ベナイッサ外務・協力大臣 タイブ・ファッシ・フィフリ外務担当長官
  • 2002年4月 アフメド・ラフリミ社会経済・中小企業・手工業・総務担当大臣
  • 2002年6月 ナスル・ハッジ郵便・通信技術・情報担当長官
  • 2003年3月 モハメッド・エル・ヤズギ領土開発・水資源・環境大臣モハメッド・ラエンサー農業・地方開発大臣アブデルケビル・サフード領土開発・水資源・環境担当長官
  • 2003年10月 ラシャッド・ブフラル外務協力副大臣
  • 2005年6月 プリンセスの愛地球博訪問
  • プリンセスの日本訪問
  • プリンセスの日本訪問
  • 2009年12月 アミナ・ベンハドラ エネルギー・鉱物・水利・環境大臣(日本アラブ経済セミナー)
  • 2010年2月 6大学学長(筑波大学ARENA招聘)
  • 2010年3月 エル・アイド・マスーシ 貿易省長官、サード・ベンアブダラ モロッコ・エキスポート長官
  • 2010年3月 アブデルアヘッド・ベナブー 農水産省局長
  • 2010年3月 アジズ・アハヌッシュ農水大臣
  • 2011年9月 ムスタファ・バクリ 太陽エネルギー庁長官
  • 2011年12月 ファタラ・シジルマシ モロッコ都市開発庁 長官
  • 2012年1月 ユーセフィ農林水産長官
  • 2012年3月 サード・ディン・エル・オトマニ外務協力大臣
  • 2012年3月 カーリド・サフィール経済・財政省長官
  • 2012年6月 アミナ・ベンハドラ炭化水素鉱山公社(ONHYM)総裁
  • 2012年10月 ニザール・バラカ経済・財務大臣
  • 2013年6月 サード・ディン・エル・オトマニ外務協力大臣とモハメド・ナジブ・ブーリフ総務政務担当大臣(TICAD V)
  • 2013年6月 アブデルカデル・アマラ産業・商業・新技術大臣
  • 2013年12月 ムバルカ・ブアイダ外務協力特命大臣とマムン・ブフドゥドゥ産業・貿易・デジタル経済特命大臣(日本アラブ経済フォーラム)
  • 2014年8月 アブデルアジズ・ラバハ設備・運輸・ロジスティクス大臣
  • 2014年9月 モハメド・シェイク・ビアディラ参議院議長(日本からの招聘)
  • 2014年9月 アジズ・アハヌッシュ農水大臣(官民代表と共に)
  • 2014年9月 ハミッド・ベルファデル 投資庁CEO (JETRO主催アフリカ投資促進フォーラム)
  • 2014年11月 ララ・ハスナ王女(ESDユネスコ世界会議)
  • 2014年11月 ラシッド・ベンモクタール・ベンアブデラ教育大臣(ESDユネスコ世界会議)

ページの先頭へ戻る